人気ブログランキング |

DMsweetsの日々(糖尿病でも美味しく普通に)

dmsweets.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:糖尿病( 35 )


2016年 04月 02日

うつと糖尿病

血糖値の悪化する原因は 様々ですが、ストレスでも血糖値は悪化します。
ストレスの多い現代社会、心の病気に絶対ならない保証はないですが・・・
色彩セラピーつながりで読んだこの本、お勧めです。
色を作る、塗る作業が、心を癒す働きがあると・・
ちょうど5年前から和菓子のレッスンに毎月通っていますが、なぜか癒される時間、
練りきりなど、自分の好みの色を付けて形を作る作業が、色彩セラピーではと思った次第です。
心が癒されないと、食事療法はうまくいかないと言うのが、14年間糖尿病外来で働いてきて痛感するところです。

5月より、マービーで作る和菓子の会、始めます。
どうしてマービー、どうして餡を使う和菓子なのと言われそうですが、心が癒されるためには、マービーでないとだめ、餡でないとだめと思っています。
詳細は、4月の終わりにご案内させていただきますね。
c0211702_22455168.jpg



by ANB09968 | 2016-04-02 22:45 | 糖尿病 | Comments(0)
2015年 12月 19日

鬼に金棒

こんばんは、
先週土曜日に、TVで糖尿病に関しての番組がありました。
TVシンポジウム「糖尿病とともに生きる~地域で取り組む重症化予防~」
当日、私は昼間は京都で糖尿病のおせちのレッスン、そして夕方には、六甲アイランドで勤務先の忘年会と、東奔西走、主人が録画してくれておりました。
心理的アプローチで有名な石井均先生と、重症化予防で有名な、平井愛山先生のお二人が出られるという豪華な内容でした。
平井愛山先生は、高インスリン血症にしない処方と減塩で、糖尿病から透析に移行する患者さんの透析回避を実践しておられます。
高インスリン血症状態では、理性では抑えられない食欲に、心理的アプローチだけでは、歯が立たず、苦戦してきました。
高インスリン血症にしない処方と心理的アプローチが合わさることで鬼に金棒!!
ぜひ再放送を願っております。






by ANB09968 | 2015-12-19 17:58 | 糖尿病 | Comments(0)
2015年 08月 16日

マービーの血糖値への影響について・・・おそらくインスリン分泌能によって違うはず

一番書きたかったマービーの血糖値への影響について、今のうちに書きたいと思います。
砂糖の半分血糖値を上げるので使ってはいけないと言われる糖質制限の先生は、インスリン分泌がかなり少ないとお聞きしました。インスリンが分泌されない(分泌能は残っている時期はありますが・・)1型糖尿病の患者様では、タンパク質摂取でも血糖値はあがります。

さて、マービーですが、還元麦芽糖を分解する酵素が人間にはないのですが、1-2割はブドウ糖に分解され吸収される可能性がありますが、そのほとんどは腸内の発酵によって脂肪酸となり代謝されるため血糖値への影響は少ないというのがメーカーの見解のようです。(メーカーの回し者ではありませんので、念のため・・・)
インスリン分泌能によって血糖値への影響は違うと私は考えております。
インスリン分泌があるDM患者さんに、かなり前に、小麦粉を減らしおからを使ったビスコッティーを食べて実験していただきましたが、食後の血糖値の方が下がると不思議がられましたが、食べることでインスリン分泌が促進されたからと考えております。
私自身は、糖尿病とは縁がないので、知人にお願いして実験してもらいました。
50代の女性、私のクリニックではないのでインスリン分泌能は確認できていませんが、体格からしてインスリン分泌能はあるはずです。処方はBG、DPP4i、それに少量のSU(処方に関するコメントは控えます)この間、座って過ごしてですので、動くともっと上がらないはずです。

先日のレッスンの餡わらびもち2個で
午後3時の食べる前 143食後1時間 181食後2時間 127

1個分でエネルギー85キロカロリー  糖質6.5g(マービーは除く) 繊維1.7g マービー18gですので、これの2倍の糖質・マービーの量となります。


抹茶ゼリー1個食べる前3時10分175、4時10分169、5時10分104(この時は5時前に薬局に行って少し歩いたため、よく下がりました)

おからを入れず小麦粉100%で作るため、一番血糖値が上がるはずのロールケーキ半分午後2時50分食べる前189、4時10分 147、5時 143、5時30分 145

マービーのメーカーさんには、血糖値への影響を、血糖値・インスリン分泌の両方で確認してほしいと以前よりお願いしているのですが、一向に動きはないようです・・・・・(泣)
実は、処方に関しても、インスリン分泌能を見て処方する大切さを痛感しております。
こちらは、院長といっしょに引き続きお話ししていきたいと思っております。
ではでは、洗濯に戻りますね・・・




by ANB09968 | 2015-08-16 12:36 | 糖尿病 | Comments(0)
2015年 06月 11日

山田悟先生の研修会

こんばんは、昨日糖尿病ネットワークを見ていましたら、発見!!
山田悟先生が今週末大阪に来られます。
私もぜひ参加させていただきます。
ご案内は、そのままコピーさせていただきますね。

第23回北野B.B.DMフォーラム

(大阪府医師会生涯研修指定)
(日糖協療養指導医取得のための講習会)
「第23回北野B.B.DM(Broad Band Diabetes Mellitus)フォーラム」を下記の要領にて開催させていただくこととなりました。ご多用の事と存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますよう御案内申し上げます。
(事前申込・定員はございません。)

日 時
2015年6月13日(土)16:30~18:30
場 所
大阪新阪急ホテル 2階「星の間」
大阪市北区芝田1-1-35地図
内 容

【話題提供】 16:30~
「速効型インスリン分泌促進剤シュアポスト錠」
大日本住友製薬(株)

【一般演題】 16:40~
座長:浜本芳之 先生(田附興風会医学研究所北野病院糖尿病内分泌センター 副部長)
「フランス留学記~フランス糖尿病事情」
河崎祐貴子 先生(田附興風会医学研究所北野病院糖尿病内分泌センター 副部長)

【特別講演】 17:10~
座長:不藤哲郎 先生(不藤医院 院長)
「糖質制限百利あって一害なし」
山田 悟 先生(北里大学北里研究所病院糖尿病センター センター長)

※尚、研究会終了後、情報交換会を予定しております

会 費
500円(当日徴収させていただきます)
連絡先
大日本住友製薬(株) 上山
Tel.06-6265-5570 大日本住友製薬(株)
共 催
北野B.B.DMフォーラム


by ANB09968 | 2015-06-11 20:59 | 糖尿病 | Comments(0)
2015年 05月 31日

数字あわせのための処方はいけません

こんばんは、先週木曜日、ハラハラドキドキのうちに終わりました。
一部院長が当日、私の部分のスライドまで変更したため、目が点になるシーンもありました。
マイクを持って、ポインターを使って、PCの操作までできない私・・・、おばちゃんはマイペースでさせていただきました。(笑)

特別講演の井上 元先生はすばらしかったです。
高インスリン血症が、心疾患、脳梗塞、ガンなど命に関わる疾患の原因になるというメカニズムの説明から、血糖値、HbA1cだけではなく、高インスリン血症にしないために、患者様に合わせて処方を使い分ける事の大切さを話されました。
先生の「数字あわせのための処方はいけません」という言葉には、もっとその先までを見据えての治療を考えなさいという深い深い内容でした。
決して全国区の先生ではありませんが、今まで聞いた講演の中でベスト3に入る内容でした。
機会があればぜひ聞かれることをおすすめします。

木曜日は夜11時前に自宅に帰り、翌日の金曜日はかなりバテバテでしたが、午前診、夜間診とも糖尿病の新患の方が来られ、肩に重い荷物をいただいて帰ってきました。

さて火曜日まではお菓子に集中しますね。今週火曜日、高槻産のいちごが入荷すれば、イチゴの杏仁、なければメロンにしようかと思っております。
ではでは、お菓子の作業に戻りますね。

by ANB09968 | 2015-05-31 21:17 | 糖尿病 | Comments(0)
2015年 02月 08日

目指せオールラウンドプレーヤー

こんばんは、1週間が過ぎるのが早いですね。
久々に、洋菓子のレッスンにいったり、今日は栄養士のお勉強に
c0211702_21281735.jpg
私は、糖質制限派ではありませんが、カロリー制限派でもありません。
1食あたりの糖質30-90gまでの間で、その方にあった糖質の摂取量を薦めるのが、私のやり方です。そのためには、食後の血糖値の確認が必須です。
右でも左でもなく、右から左まで幅広く対応させていただきますね。

さて、夏季限定のゼリーですが、17日(火)、少しですが店舗でも、販売予定です。




by ANB09968 | 2015-02-08 21:37 | 糖尿病 | Comments(0)
2014年 10月 26日

糖尿病学会に行ってきました

いつもより早く出発して大阪まで、
今回は、スタートからの参加となりました。
お目当ての先生が見つからずに参加しましたが、いやいや、素晴らしかったです。
ランチョンセミナーでは、インスリン分泌低下か抵抗性かで薬剤の使い分け方を非常に明快に解説いただきました。
また透析予防の平井 愛山先生は、減塩と腎保護作用のある薬剤への変更(ここがミソかと)で、eGFR30以下の症例で、腎不全の進行が遅らせれたケースなど、迫力のある内容に感動して帰ってきました。

帰りにいろいろ寄り道したので、市販品も登場の夕ご飯
リーガロイヤルホテルで買ったケークサレ、
c0211702_23521738.jpg
先日のMママは、えのき茸を使ってきのこのスープを作っていたので、私も真似してみました。(パイはないけどね)いっぱいのきのこ、キャベツ、玉ねぎ、ベーコンを蒸し炒めして、豆乳と牛乳でスープ・・・所要時間15分
c0211702_23523899.jpg
スーパーで買ったキャベツ入りメンチ、いっぱいのキャベツと
c0211702_23535873.jpg
デザートは、ロールケーキとMママ作のガトーショコラ、それから黒豆入り餡の最中の残り物オンパレード。最中は、皮1枚に餡を乗せますよ・・・皮がサクサクでリベンジ成功かな?
c0211702_23545549.jpg
ちょっと夜更かしですが、明朝はゆっくり休みます。


by ANB09968 | 2014-10-26 00:09 | 糖尿病 | Comments(0)
2014年 10月 22日

念願の・・・

こんばんは、念願の山田悟先生の研修会が大阪であります。
ゼロカロリーの甘味料で有名なサラヤさんの主催で、スイーツつきだそうです。
山田悟先生は、糖質制限の江部先生と比べると、比較的ゆるやかな糖質制限を薦められています。学会でのディベートなど短時間の講演はお聞きしたことはありますが、もっとじっくり伺いたいと願っておりました。
(西村理明先生、山田悟先生、若手でシャープな語り口で、ここ数年一番注目しております)
ご都合がつきましたらどうぞ・・・

糖尿病に関わる医療従事者のための「低糖質食セミナー」

2014年11月09日 (日) 13:30~
CIVI研修センター 新大阪東 E5ホール 
参加費 500円 (スイーツ付)

これからの糖質制限に対する理解

講師 山田 悟 先生

北里大学北里研究所病院 医療連携室 室長 /糖尿病センター センター長

http://www.eiyoshi-web.com/gakkai-eiyo/pdf/141109tousitusemina.pdf


明日は久々に加古川のMママのご自宅フレンチ塾、癒されて参りますね。





by ANB09968 | 2014-10-22 22:13 | 糖尿病 | Comments(0)
2014年 06月 26日

これ以上減らせません

こんばんは、今日は母の通院に付き添って、その足で帰ってきました。
先月は椎間板ヘルニアの痛みのため横になる事が多く、8.2%でしたが、整形外科で痛みどめの処方などで、痛みはずいぶんましになり、今回は7.4%、年齢と認知症の状況からして、十分ではと思います。食前の血糖値は、100前後ですが、低血糖を起こしてないのはちょっと自慢です。
待合室での、患者さんやナースの会話は、いつも勉強になります。私なら・・・どう答えましょうか?

少し前にお会いしたBMI20前後?かなりやせ形の女性でした。数か月前からコントロール不良で、A1c8%以上で、診察前に私がお会いすることになりました。

いつものごとく、お食事の内容を聞き取っていきますと、

朝ごはんは、ごはん100g程度(ごはんだけは指導室で量ってもらいます)と納豆半分、お味噌汁はわかめとねぎ程度、これ以上減らせません・・・(それはそうでしょう)

患者さんからよくお聞きするのですが、腹八分にしなさいという指導は、私は個人的には嫌いです。細かい計算の話も、高齢の方には、ほとんどしません。
腹八-六分に食べるのは、炭水化物で、血糖値を上げないようにするために、タンパク質を何かと野菜をしっかり食べないといけませんよ!!(腎臓の具合で量は違いますが)
彼女にも、おかずをもっと食べての話をしました。卵か豆腐を少しとキャベツ・白菜・モヤシ・きのこなんでもいいから、お味噌汁にいっぱい入れれば、別におかずを作らなくていいですよ。
ご主人様は、具がいっぱいのお味噌汁が嫌いなら、先に具をすくうのはいかが?
SMBGはできなくても、尿糖測定なら簡単にできますよ。
食前、食後、時々確認していただくと、次の診察までの目安になりますよ・・
そんな話をして、数か月、私はお会いできずにおりましたが、数字は順調に下がっておりました。
先週も他の患者様の件で忙しく、診察室の前の椅子で、一言二言の会話でしたが、先生の言われるようにしたら、食後の尿糖が違いました!!
具だくさんのお味噌汁をよそって、刻んだトマトをさらに乗せる???お味噌汁に??きちんと聞き取れなかかったけど・・・ごめんなさいね。
今月のA1c7%前後でした。嬉しいですね。

今週末は、久々に息子とお友達がやってきます。
主人と2人の手抜き生活から、おもてなしメニューとなります。







by ANB09968 | 2014-06-26 20:46 | 糖尿病 | Comments(0)
2014年 06月 08日

夢の扉

今日6時半からの夢の扉、素晴らしかったですね。
希少糖の第一人者の先生でした。
メタボ、発がん抑制さまざまな効果が挙げられていましたが、ここでご注意を!!
希少糖を使った、レアシュガースウィートなる商品、甘味料として使えますが、メーカーのにHPは、注意書きがありますよ。
レアシュガースウィートは、ぶどう糖・果糖を主成分に、希少糖(D-プシコース・D-アロースなど)が15%程度含まれたシロップです。治療中の方は、事前に医師等にご相談の上ご使用ください。

そう、希少糖は15%D-プシコース5%以上)だけで、ブドウ糖・果糖の順に含まれていますので、糖尿病患者様、くれぐれもご注意ください。
そして、希少糖を使ったスイーツですが、小麦粉も血糖値を上げます。
キャッチコピーに踊らされないようにしましょうね。
希少糖100%の甘味料ができたら、その際は、お勧めしますね!!


by ANB09968 | 2014-06-08 20:11 | 糖尿病 | Comments(0)