DMsweetsの日々(糖尿病でも美味しく普通に)

dmsweets.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 30日

血中インスリン(またはCペプチド)測定の勧め

いよいよ台風が大阪に近づいてきます。
本業で忙しくしており、ブログの更新がままならず・・・泣
仕事でパソコンの前には長時間いるのですが・・・
10月以降、本業の管理栄養士の仕事が繁忙期になるため、お菓子の販売日程は減らさせて頂きます。以前に比べて低糖質のお菓子がスーパーやコンビニでも販売されるようになりました。そちらの商品については、ご紹介させて頂きますのでご相談下さいね。

さてさて、通院先でご自身のインスリン値(インスリン治療中の方はCPR :Cペプチド)を測定されたことはありますか?
糖尿病と一括りにせず、インスリン分泌過剰症、インスリン分泌不全症にすれば、もっと楽に治療ができるのにと夏以降考えさせられる患者さんが数名来られました。
数年前なら即日インスリン導入する位の数値の方でしたが、インスリンの過剰分泌で高血糖、処方なしで、食事は糖質制限ではなく少し糖質を控えた食事ですが、体重は減って、血糖値は改善、、、計算したり、そんな難しい事はしてないのですが、何より患者さんが楽そうでした。
お菓子好きの女性にご紹介するのが、手作りゼリー、甘味料はマービー、色々な味で楽しんでおられます。守秘義務があるので、詳細は書けませんが、、、、

そしてこちらは私の家族の話なので書かせて頂きますが・・・
84才の母が軽い気管支の炎症で10日程度入院しました。
入院前から食事量が減っており、入院中もあまり食べられず、呼吸器科の主治医はインスリンと糖尿病関連の内服薬を全て中止して退院となりました。
退院後、食欲の回復に伴い、血糖値はウナギのぼり・・・
インスリン分泌不全の患者さんでは、特に1日1回注射する基礎インスリンは、中断してしまうと食事を食べていなくても血糖値が上昇します。
ご注意下さいね。




by ANB09968 | 2018-09-30 17:59 | Comments(0)


<< 秘密兵器はこちら パート2      秘密兵器はこちら >>